ブナの唄

静けさと奔放さ、かつては役に立たないと言われ、木へんに無いと漢字で書かれたブナ。

しかし、深く着実に進行していた再評価の動きが今、日の目を見るようになり始めている。

縄文文化を育み、不思議な引力を及ぼし続ける健気な姿に、誰もが心癒される。

悠久の時を刻む姿に、時代の行く末を想うとき、浸ってみたい場所がある。

かすかに響き渡る彼らの唄を耳にすれば、大切なものに気付くだろう・・・

 
<写真の上にマウスを置けば撮影年と場所が表示され、クリックすれば別窓で拡大表示されます・・・>

<2020年03月01日更新、冬92枚、春80枚、夏83枚、秋99枚、全354枚>

   





New
New
New
       

     
     
       
   

 

 

 

 
   

 

歩こう〜♪のトップページへ

SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送